レアプレーが起きやすい「アドバンテージ」を解説【ラグビールール】

  • 反則が起きたのに止まらないのはなぜ?
  • アドバンテージについてわかりやすく教えてほしい
  • アドバンテージ中は攻撃側が積極的になるって本当?

ラグビーの試合中に必ずと言っていいほど起きる「アドバンテージ」というルール。

しかし、見慣れていないと分かりにくいルールでもあります。

今回は試合を円滑に進めるためのルールである「アドバンテージ」に焦点を当てて解説していきます。

この記事でわかること

  • アドバンテージとは
  • アドバンテージオーバーの意味
  • レアプレーが起きやすい理由

このルールを理解すると、試合中の「なぜそうなるの?」という疑問がなくなり、よりラグビーを楽しく見ることができます。ぜひ最後まで読んでみてください。

りっち

現役11年目の僕が解説するよ!

ラグビーのアドバンテージとは

アドバンテージとは「反則が起こったときに試合を止めずに続行する」ルールです。

なぜ続行するのかというと「反則をされたチームが有利に動いているから」です。

例えば…①アタック側がいい攻撃をしてトライのチャンス
②ディフェンス側が反則をする

上記のようなときに反則が起こったからと試合を止めてしまうと、せっかくのトライチャンスがなくなってしまいます。

せっかくいい攻撃をしていたのに…

初心者くん

このように反則が起きても、攻撃側が有利とレフェリーが判断すれば試合が続行されます。

りっち

反則で試合が止まることを少なくするためのルールなんだ

アドバンテージ中に攻撃側が反則をすると?

アドバンテージをもらっている途中に反則をしても、先ほどの地点まで戻って反則が適用されます。

例えば…①アタック側がいい攻撃をしてトライのチャンス
②ディフェンス側が反則をする(アドバンテージが発動)
③アタック側がノックオン→②の反則地点まで戻って反則が適用

このようにアタック側がアドバンテージ中にミスをしても、時間を戻して攻撃をやり直せるのです。

終了の合図「アドバンテージオーバー」

アタック側が有利になるアドバンテージですが、「アタック側が十分に得をした」と判断されれば終了(解消)になります。

これをアドバンテージオーバーといい、反則がなかったことになり試合が継続されます。

終了のタイミングはレフェリー次第

「アタック側が十分に得をした」という判断はレフェリーの判断によります。

アドバンテージの時間は、ノックオンやスローフォワードなどの軽い反則は短く、オフサイドなどの重い反則は長く取られるのが基本です。

アドバンテージの有無はレフェリーの声と腕で判断

アドバンテージがあるかどうかは、レフェリーの声と腕で判断します。

アドバンテージの有無

  • アドバンテージ中:「アドバンテージ」のコール。適用側に腕を横に伸ばす
  • アドバンテージ終了:「アドバンテージオーバー」のコール。

りっち

レフェリーが腕を横に伸ばしていたらアドバンテージがあると判断できるんだ

アドバンテージが出ているとレアなプレーが見られる!?

アドバンテージ中はミスをしても再び攻撃ができるため、積極的な攻撃が仕掛けられます。

キックパスをするなど一気にトライチャンスになるプレーを選択することも多いのです。

アドバンテージが出ているときは、ぜひ試合に注目してみてください。普段見られないプレーが見られるかも知れません。

りっち

アドバンテージがあれば失敗を恐れず攻撃できるんだ

まとめ:ラグビーのアドバンテージは試合を円滑にする大切なルール

反則が起きても試合を継続するルール「アドバンテージ」について解説しました

まとめ

  • 反則が起きても攻撃側が有利なら継続
  • アドバンテージ中にミスをすると反則まで巻き戻る
  • 攻撃側が得をしたと判断されば「アドバンテージオーバー」
  • 攻撃側が積極的になるから注目するべきシーン

アドバンテージは試合で必ずと言っていいほど起きるので、ぜひ理解しておきましょう。

ラグビーのルールを覚えるなら試合を見よう

ラグビーのルールを覚えるためには試合を見ることが一番の近道です。

今ではラグビーの試合を配信しているサービスも多いため、ぜひ登録してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA