【簡単】ラグビーのポジションごとの役割を解説。大きく分けると2つ!

「ラグビーのポジションが多すぎてわかりづらい」と思ったことはありませんか?

ラグビーは1チーム15人と人数が多いスポーツなので、どういったポジションがあって、どんな役割を持っているのか分かりづらい部分があります。

人数が多くてそれぞれのポジションにはどういった役割があるのかよく分からないよ

初心者くん

りっち

ラグビーのポジションは大きく「フォワード」と「バックス」という2つに分けられるんだ

ポジションについて理解できていないと、ラグビーを見るときに何が起こっているのか分からない部分があるかもしれません。

そこで今回の記事では、ラグビーのポジションごとの役割について以下の内容を解説します。

今回の記事でわかること

  • ポジションの分け方
  • ポジションごとの呼び名と役割

りっち

それぞれのポジションを理解してラグビーを見てみてね!

ラグビーのポジションは大きく分けると2つ

ラグビーは1チーム15人で、ポジションは大きく分けると「フォワード(FW)8人」と「バックス(BK)7人」に分けられます。

フォワードはスクラムやラインアウトなどセットプレー行うメンバーで、バックスは主にトライやキックなどで得点を狙うメンバーです。

ポイント

  • フォワードはセットプレーを担当
  • バックスは得点をとる

もう少し細かく分けると6つ

ラグビーのポジションは大きく分けるとフォワードとバックスですが、もう少し細かく分ける呼び方もあります。

フォワードは、スクラムを最前列で組むフロントロー(1・2・3)、2列目のセカンドロー(4・5)、3列目のバックロー(6・7・8)の3つに分けられます。

バックスは、ハーフバック(9・10)、スリークォーターバック(11・12・13・14)、フルバック(15)の3つです。

ポイント

  • フォワードは「フロントロー」「セカンドロー」「バックロー」
  • バックスは「ハーフバック」「スリークォーターバック」「フルバック」

FWポジションの役割

フォワードポジション

スクラムやラインアウトといったセットプレーを行うのがFWの大きな役割です。

ここからは更に細かく各ポジションの役割を紹介していきます。

関連記事について
各ポジションを紹介しているので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

プロップ(1・3)

プロップの主な役割はセットプレーです。

スクラムでは最前列で相手と組み合い、ラインアウトでは主にジャンパーを持ち上げる役割を担います。

体重が重くパワーのある選手が務めるポジションです。

【プロップ】役割や必要なスキル、有名な選手も紹介【ラグビー】

フッカー(2)

フッカーにはパワーだけでなくパススキルや器用さも求められます。

プロップと同様にスクラムを最前列で組み合うポジションで、ラインアウトではボールを投げ入れる役割(スローワー)もします。

【フッカー】役割や必要なスキル、有名な選手を紹介【ラグビー】

ロック(4・5)

ロックの主な役割は、ラインアウトでのジャンパーや、キックオフでのボールのキャッチなど空中戦がメインになります。

スクラムではフロントローの後ろから押し込む役割を持っており、パワーも求められるポジションです。

【ロック】ラグビーにおいての超大型巨人!役割や有名な選手を紹介

フランカー(6・7)

フランカーは「仕事人」と呼ばれることが多く、常にプレーに関わることが求められるポジションです。

ディフェンスでのタックルや、バックスのラインアタックに参加したりと万能的なスキルが求められいます。

【フランカー】ラグビー随一の仕事人!役割や求められるスキルを紹介

ナンバーエイト(8)

ナンバーエイトはFW全体をコントロールする統率力が求められます。

もちろんパワーやスピードも求められ、全ての能力において高い水準が必要になるポジションです。

【ナンバーエイト】役割や必要なスキル、選手を紹介【ラグビー】

BKポジションの役割

フォワードが出したボールを、トライやキックなどで得点に繋げるのがバックスの役割です。

フォワードに比べるとパスやキックのプレーが多くなるため、器用さが求められるポジションでもあります。

各バックスポジションの役割を紹介していきます。

スクラムハーフ(9)

スクラムハーフの主な役割はボールの供給です。

フォワードがスクラムから出したボールをバックスに繋げるなど、フォワードとバックスを繋ぐ役割を担っています。

俊敏性や体力、正確な判断力が求められるポジションです。

【スクラムハーフ】役割や必要なスキルは?有名な選手も紹介

スタンドオフ(10)

スタンドオフの主な役割は司令塔としてチーム全体をコントロールすることです。

「試合の負けはスタンドオフの負け」と言われるほど重要なポジションで、高い能力が求められます。

パスやキック、ランスキルはもちろん、的確な判断と統率力が求められるポジションです。

【スタンドオフ】役割や必要なスキル、有名な選手などを紹介

センター(12・13)

センターの主な役割は、突破力と高いディフェンス力です。

バックスの中で最も相手とぶつかり合うのがセンターで、怪我も多くなりやすいポジションです。

相手のディフェンスを突き破るスピードとパワー、デフェンスでのタックル力が求められます。

【センター】役割と求められるスキル、有名な選手を紹介【ラグビー】

ウィング(11・14)

ウィングの主な役割はトライを取ることです。

スピードのある選手が務め、相手を抜き去るスピードとステップ力が求められます。

他にも相手の蹴ったボールを処理したり、グラウンドを走り回るスタミナも必要になるポジションです。

【ウィング】チームのスピードランナー!ラグビーにおける役割を解説

フルバック(15)

フルバックの主な役割は最後の砦としてチームを統率したり、カウンターアタックをすることです。

チームの一番最後方に位置するためディフェンス力やキックスキルも求められます。

ウィングとコミュニケーションを取りながら常に走り回るポジションです。

【フルバック】ラグビーにおける最後の砦!役割と必要スキルを解説

まとめ:ラグビーのポジションにはそれぞれ役割がある

今回の記事ではポジションごとの役割について解説しました。内容をまとめておきます。

まとめ

  • ポジションは大きく「フォワード」と「バックス」に分けられる
  • さらに分けるとフォワードは「フロントロー」「セカンドロー」「バックロー」
  • バックスは「ハーフバック」「スリークォーターバック」「フルバック」に分けられる
  • フォワードはセットプレー、バックスは得点を取ることが主な役割

ラグビーは1チーム15人と人数が多いスポーツですが、役割が決まっているので、それぞれのポジションに注目するとより楽しく見ることができます。

ぜひ各ポジションの特徴に注目しながらラグビーを見てみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA