【スクラムハーフ】役割や必要なスキルは?有名な選手も紹介

ラグビーのポジションのひとつ「スクラムハーフ」

りっち

パスのスペシャリストだよね

ハーフバック(9・10番)と呼ばれるポジションのひとつで、ゲームの流れを決める重要な役割を持っているスクラムハーフ。

今回はそんなスクラムハーフについて紹介していきます。内容は以下の通りです。

  • スクラムハーフの基本情報
  • スクラムハーフの役割と求められるスキル
  • 世界で活躍するスクラムハーフの選手

この記事を読めば、スクラムハーフについて詳しくなれて、ラグビーをより一層楽しく見ることができるので、ぜひ最後まで読んでみてください!

スクラムハーフの基本情報

スクラムハーフはバックスのポジションのひとつで、背番号は「9番」、表記は「SH」です。

スクラムの近くにいるハーフバックなので、スクラムハーフと呼ばれています。

りっち

9番と10番をまとめてハーフバックと呼ぶんだ

名前の由来にある通り、スクラムやラックなどの密集のボールを扱うポジションです。

スクラムハーフの役割

スクラムハーフの試合中の役割について紹介していきます。

基本的には密集から出たボールを最初に扱うのがスクラムハーフの役割で、試合の展開をコントロールできるとても重要なポジションです。

選択肢としては以下の様なものがあります。

  • フォワードにボールを渡して相手にぶつける
  • バックスにボールを渡して外側にボールを回す
  • 相手のいない裏側にキックする
  • 自分でボールを持って走る

これ以外にも色々な選択肢があるので、スクラムハーフは判断力やラグビー理解度、スキルが総合的に求められます。

スクラム

スクラムでのアタック側の役割は、ボールの投入と球出しです。スクラムの大まかな流れは以下の通りになります。

スクラムの流れ1
スクラムを組み、ボールを投入
フォワードがスクラムを組み、安定すればボールを1番側から投入します
スクラムの流れ2
ボールをキープ
投入したボールはフッカーが後ろに蹴りだしナンバーエイトがキープします
スクラムの流れ3
球出し
キープしたボールをスクラムハーフがバックスにパスをします

他にもキープしているボールを自分で持って走ったり、キックしたりすることも可能です。

スクラムについての詳しい解説は以下の記事を見てください。

【スクラム】細かいルールがたくさん!ラグビーのルールを徹底解説

ラインアウト

ラインアウトではスクラムハーフの位置が基本的に決まっています。

ジャンパーがキャッチしたボールをスクラムハーフが受け取り、それをバックスにパスするのが一連の流れです。

こちらもスクラムと同様、場合によってはキックしたりもできます。

りっち

戦略的にフォワードがスクラムハーフの位置に立ったりすることもあるよ

ラインアウトについての詳しい解説は以下の記事を見てください。

【ラインアウト】ロックの見せ場!ラグビーのルールをわかりやすく解説

セットプレー以外

セットプレー(スクラムやラインアウト、キックオフ以外)以外は基本的に、ボールのある場所に走って状況に合わせてボールを扱います(投げる、キックなど)。

常にボールの近くにいることが求められるので、走力が求められます。

スクラムハーフに求められるスキル

スクラムハーフに特に求められるスキルは以下の様なものがあるでしょう。

  • パスの速さと正確性
  • キック力と正確性
  • スタミナや俊敏性
  • ラグビー理解度と判断力

パスの速さと正確性

どのポジションよりも一番多くパスを投げるスクラムハーフに何よりも求められるのは、第一にパススキルです。

スクラムハーフのパスはアタックの起点になるので、速さと正確さが求められます。

パスが遅いとディフェンスにタックルされ、ボールが乱れていると良いアタックができなくなるからです。

キック力と正確性

スクラムハーフにはキック力と正確性も求められます。

スクラムハーフからハイパントキック(ボールを高く蹴り上げるキック)をしてボールを再獲得するために、滞空時間を伸ばすためのキック力と、狙った位置に落とせる正確性が求められるのです。

ハイパントキック以外にも空いているスペースにに蹴りこんだり、様々なキックができなければいけません。

また、ラックやモールからのキックが多いため、キックモーションも他のキッカーとは少し異なります。

スタミナや俊敏性

スクラムハーフは常にボールのある場所にいる必要があるので、80分間走り続けるスタミナが必要です。

また、すぐにボールの場所に駆けつけたり、しゃがんた状態でのパスを何度も繰り返すため、俊敏性も必要になります。

ラグビー理解度と判断力

試合の結果は9番と10番が決めるというほどハーフバックは重要なポジションです。その分ラグビーに対する理解度は高い必要があり、それを場面ごとに瞬時に判断しなけらば行けないのです。

スキルや体力だけでなく、頭も使い続けることが求められます

スクラムハーフの有名な選手

世界で活躍するスクラムハーフの選手を3人紹介します。ここで紹介する選手は2020年度トップリーグに所属しているので、気になる人がいれば試合を見てみてくださいね!

田中史朗

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takegram(@takegram83)がシェアした投稿

  • 名前:田中史朗(たなか ふみあき)
  • 生年月日:1985年1月3日
  • 出身地:京都府
  • 身長:166㎝
  • 体重:72kg
  • 所属チーム:キャノンイーグルス

田中史朗は日本代表のラグビー選手です。

2013年に日本人で初のスーパーラグビーに参加。ワールドカップにも日本代表として3回選出されているベテランのスクラムハーフです。

世界クラスの判断力とパススキルで日本の勝利に貢献しました。小柄ですがタックルでも体を張れる選手です。現在はキャノンに所属しています。

TJ・ペレナラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

KumaKuma(@kumakumacamera)がシェアした投稿


  • 名前:TJ Perenara
  • 生年月日:1992年1月23日
  • 出身地:ニュージーランド
  • 身長:184㎝
  • 体重:94kg
  • 所属チーム:NTTドコモレッドハリケーンズ

TJ・ペレナラはニュージーランド代表の選手です。

184㎝、94kgというスクラムハーフの中では大柄の選手で、2015年のワールドカップ優勝メンバーでもあります。また、オールブラックスの特徴である「ハカ」をリードする役割も担っています。

パス、キック、ランの三拍子がそろっており、攻撃的なプレイはゲームの流れを作るだけでなく、自らトライも狙うこと少なくありません。

2020年度からはNTTドコモに所属しています。

グレイグ・レイドロー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Greig Laidlaw(@g.laidlaw)がシェアした投稿

  • 名前:Greig David Laidlaw
  • 生年月日:1985年10月12日
  • 出身地:スコットランド
  • 身長:175㎝
  • 体重:80kg
  • 所属チーム:NTTコミュニケーションズ

グレイグ・レイドローは元スコットランド代表の選手です。スコットランド代表では主将を務め、2015年ワールドカップではベスト15に選出されています。

パススキルはもちろんですが、リーダーシップや献身的なプレー、正確なプレースキックで得点にも絡んでくるオールラウンダーなスクラムハーフです。

2020年度からはNTTコミュニケーションズに所属しています。

まとめ

パスのスペシャリストであるスクラムハーフについて紹介しました。

  • 背番号は「9番」、表記は「SH」
  • 密集からでたボールを扱うパスのスペシャリスト
  • ゲームの流れを決める重要なポジション
  • パスやキックのスキル、スタミナやラグビー理解度が必要

ゲームの流れを決める重要なポジションであるスクラムハーフには、必要なスキルがたくさんあるが体格が小さくても活躍できるポジションでもある。

ぜひ試合でも注目して見てみてください!

ラグビーを迫力のあるテレビで見るにはスカパーがおすすめです!ぜひ以下の記事も見てみてください!

【J SPORTSオンデマンド】トップリーグを見るなら圧倒的におすすめの理由を解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA